« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

高年齢者の雇用がマイナスに

政府は高年齢者の雇用拡大の方策として、定年の引き上げや廃止を求めてきました。
これは、雇用の継続により収入を確保させることを狙ったもので、社会保障の不足部分を補う目的であります。

しかし、高年齢者の雇用義務を企業に強いることは、企業活動にとってマイナスの面が大きいと思われます。

昔に比べれば活力のある高年齢者が増えているでしょうが、いろいろな方がいらっしゃいます。
若い人を雇ったほうがいいなと判断される場合や戦力(労働力としての能力)にならない人もいらっしゃるでしょう。

労働者の配置は適性に基づくべきですが、企業にとっては移動による調整も、より困難なものとなっていくでしょう。
(職場の士気にかかわる問題や世代間の軋轢なんて場合も、あるでしょう。)

若年者の人口が減り、私立大学の入学者の定員割れが増えている一方で、新規大卒者の就職難が報じられているような状況でもあります。
高年齢者の雇用継続が、労働市場全体にもマイナスに働いてしまうのではと思えます。

私は何も、高年齢者が働くことについて、悪だと言っているのではありません。

高年齢者の労働力を活用するのは良いことだと思いますが、高年齢者の雇用継続の制度強化よりも先にやるべきことがあると言いたいのです。

企業に雇用を強いるよりも、雇用の流動化を促進させるべきです。
適材適所の人事で、労働生産性を高めるべきです。
(業種によっては、40歳定年制でもよいものがあると考えます。)

そして、長時間労働をさせず、極力法定労働時間を厳守させることです。

ここまで実行してから、高年齢者の雇用をどうするかを検討すべきだと思うのです。
(消費税の話と同じで、順序が違うと思います。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

著作物の二次利用

先日の新聞に、著作物の二次利用についての記事がありました。
(漫画家 佐藤秀峰さんの「ブラックジャックによろしく」についてでした。佐藤秀峰さんは「ブラックジャックによろしく」の二次利用を自由化し、著作権に基づく報酬も求めないそうです。)

利用規約は後日公表する予定だそうですが、二次利用というものが気になりました。

二次利用が可能であるということは、著作者人格権の同一性保持権の制限を緩めるということでしょうか。

著作物が別の商品に姿を変えることになりますので、翻訳権・翻案権等による二次的著作物が作られることになりますよね。

二次的著作物の著作権も保護の対象となりますが、原著作者の権利は守られないということでしょうか。

後日公表される予定の利用規約が、興味深いですね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言い訳、弁解・・・・

仙台市の私立高校の男子生徒が同級生にいじめられたとして被害届を出した事件で、たばこを腕に押しつける「根性焼き」をしたとされる元生徒の少年の代理人弁護士が、「(根性焼きは)要請を受けてやったもので、傷害罪は成立しない」との意見書を警察に提出したそうです。

朝日新聞のWebサイトに記事がありました。

「根性焼き」を頼む人がいるでしょうか?
(何の目的がありますかね。)

意見書を提出した弁護士は、加害者とされる少年に事実の確認を行っているはずですが、少年の言い分は間違いないとの判断をしたということでしょうか。

意見書の詳細も知りたいですが、弁護士の判断に至った理由を詳しく聞きたいですな。
(弁護士という職業は何でもありなの、という感じがしますよ。)

それにしても、言い訳、弁解・・・・どうも最近は、自分の正しいことを主張すると言うよりも、うまく責任から逃れるために使われているようですな。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい額だ、いや氷山の一角

愛知労働局のWebサイトを見たら、監督指導による賃金不払残業の是正結果(平成22年度)というのが掲載されていました。

これは、平成22年4月から平成23年3月までの間に監督指導等を行い、その是正を指導した結果、不払いになっていた割増賃金の支払が行われたもののうち、その支払額が1企業当たり合計100万円以上となったものを集計したものとのことですが、皆さんはどのように感じられますか?

すごい額だとお感じになりますか?それとも、氷山の一角だと思われますか?

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また選挙か - でも投票に行きましょう!

民主、自民、公明の3党党首の会談で、年内の衆議院解散が決まったようです。

衆議院の解散は内閣総理大臣の専権事項ということでしたが、よそからの求めに応じなければならないというのは、機能・能力を持っていないのに等しいですな。
(また選挙かということになりますが、自民党はそんなに勝てますかね?)

議席が分散して、新たな連立内閣が誕生するだけではと思ってしまいます。
(橋下徹さんの大阪維新の会が躍進するかもしれませんが。)

連立内閣というのはいろいろな方面に配慮した政策になりますから、すっきりしないものになるでしょうね。

マニフェストは反故にされてしまった感がありますし、政治に対する国民の期待は小さなものになっているとも考えますが、こんな状態だからこそ、投票しなければいけないと思います。
(投票率の低さを考えると、国民の側は相当の力を温存しているといえるでしょう。)

一般の感覚・良識を反映させるために、投票に行きましょう。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたのやりたいことはできましたか?

総理大臣というのは大変な仕事なのだろう(苦労も相当だろう)が、どうせ短期間で辞めさせられるのであれば、もっと国民が感心する政策を実現すれば認められるのにと思ってしまう。

短期間でころころ代わる総理大臣というのが珍しくなくなったが、やはり人材というのは枯渇してしまうということだろう。
(失望させる方ばっかりのように感じられる。)

今回の方は財政のことに熱心な人だったが、お金の使い方については変化させたという印象がない。

ご苦労様でしたが、あなたのやりたいことはできましたか?
(国民は大変不満ですよ。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民年金保険料の後納制度

過去10年間の納め忘れた保険料について、時効により納付できなかった期間の保険料を、納付することが可能になったそうです。

日本年金機構のWebサイトに情報があります。

年金の受給資格がない方は、自分の年金記録(納付状況)をしっかり調べて、利用を検討してください。
(年金額を増やすことも可能です。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »