« 黒いプラスチックで見てはダメ! | トップページ | 技術系公務員 »

既存不適格

広島県福山市のホテルで死傷者が出る火災が発生しましたが、消防法や建築基準法上の問題があったようですね。

管轄の行政は以前から指導していたようですから、これは人災と言っても過言ではないように思います。

建築基準法には「既存不適格」といって、建築時の法令に違反していなければ、その後の存続を認めるという扱いがありますが、この建物もそうでしょうか?

まあ、この既存不適格というのも、妙な扱いであるように感じます。

集団既定にしろ単体規定にしろ、安全にかかわる部分がありますから、建物という私的財産に対して遠慮しすぎではないかと思うのです。
(改築等は行っていないということで、そのまま使われている建物が多いですが、手を加えている物が多いと思うのですが。)

既存不適格であるとか、危険性が高いとか、建物に貼り付けるぐらいに明示してもらえないと、一般の利用者にはよく分からないのではないでしょうか。
(張り付けられた方は、商売上困るから建て替え等を行うのではないでしょうか。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 黒いプラスチックで見てはダメ! | トップページ | 技術系公務員 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/54709371

この記事へのトラックバック一覧です: 既存不適格:

« 黒いプラスチックで見てはダメ! | トップページ | 技術系公務員 »