« 彼女は救われる | トップページ | 労働基準法による保護 »

昼光色と昼白色

蛍光灯を買うために、家電量販店に行った。
(LEDがトレンドかもしれないが、蛍光灯だってレガシーというほどではないでしょ。)

私は部屋の用途で演色性が異なるべきと思っているので、昼白色が欲しかった。

売り場で見ると、圧倒的に昼光色ばかりであった。
(20年ぐらい前までは、白色も珍しくなかったが。)

しかも、値段も昼白色よりも安い。

明るさだけ考えれば、昼光色だろう。
(自動車のライトも、青白いほうがよく見える場合が多い。)

しかし、昼光色よりも自然な白さの昼白色のほうが、暖かさを感じるのだ。

それにしても、ケルビンの違いで明らかな価格差があるとは。
(数年買いに行ってなかったので、最近のことなのかは不明である。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 彼女は救われる | トップページ | 労働基準法による保護 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/54168928

この記事へのトラックバック一覧です: 昼光色と昼白色:

« 彼女は救われる | トップページ | 労働基準法による保護 »