« 静電気の影響? | トップページ | 私的録音録画補償金 »

何でも一律というのはどうか

選挙権の年齢を、「20歳以上」から「18歳以上」への引き下げるという話があるそうです。
(権利を認めるのなら、何らかの負担義務が課せられるのでしょうか?)

入学、退職・・・・年齢で一律に決められているのが一般的ですが、人にはいろいろ個人差があるなぁと感じることはありませんか?
(成人式の報道を見ていると、20歳でもどうかと思う人がいるのですが。)

体力、健康、能力、適性・・・・。

年齢ではない基準が用いられてもよいと思う分野があるように思います。
(一律でないと差別だと言われそうですが、何でも一律というはどうかと思うことが、最近多いのです。)

公平、平等という考え方と逆の話をしているようですが、多様化、細分化された現代社会では、相容れないことによるトラブルも多いのです。
(年齢に達すれば、何でもやってよいという感じの人が困りますね。)

選挙権の年齢を変更する前に、投票率の低さの原因は何なのか、きちんと分析することのほうが先ではないかと思います。
(政治を変える足掛かりになると思います。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 静電気の影響? | トップページ | 私的録音録画補償金 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/53924278

この記事へのトラックバック一覧です: 何でも一律というのはどうか:

« 静電気の影響? | トップページ | 私的録音録画補償金 »