« 年金の支給開始年齢の引き上げ | トップページ | TPP参加についての情報開示 »

投資信託は他人任せ

大金持ちは何もしなくてもよいのだろうが、ちょっとだけ余裕のある人は、お金を殖やすことをあれこれ考える。

でも、少し勉強してみて「よく分からん」、「面倒だ」なんてことになり、金融機関の担当者の言いなりになる人が多い。
(これは、よくない。)

担当者が無難だと持ってくるのが、ファンド物。
(投資信託のたぐいだ。)

ファンドの運用は、金融市場の状況を判断して構成している個別商品の売り買いが行われるのだが、大した運用益にならない物が多い。
(元本割れも、珍しくない。)

これは、世界中の景気が悪いからだとおっしゃる方があるだろうが、それだけではないよ。

経済成長が見込まれる時代なら、とりあえず投資信託でもよかったのかもしれない。

でも、今は違う。

投資信託は他人任せになりやすい商品だから、きちんと分析できるなら、株の方が分かりやすい商品であると思うよ。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 年金の支給開始年齢の引き上げ | トップページ | TPP参加についての情報開示 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/53097896

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託は他人任せ:

« 年金の支給開始年齢の引き上げ | トップページ | TPP参加についての情報開示 »