« 悩むよりも相談だ! | トップページ | 外部委託と責任意識 »

放射線技師の意識

腎臓疾患の子どもに、検査のために基準を超える放射性物質を放射線技師が投与していたそうですが、放射線技師というのは教育機関で放射線の危険性をどのように学んでいるのかと思いました。

放射線技師の方には医療機関でお世話になりますが、状況的にお任せするしかないですからね。
(こういう場合って、信頼っていうのとは違うんだけど。)

検査機器の使い方だけ学んでいるような状況では、被ばくという意識が浸透しないのではと思いました。
(実験とかは難しいかもしれませんが、教科書を読んだだけという感じでは、怖さを認識できないし、他人の安全という重要な問題がおろそかになるような気がします。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 悩むよりも相談だ! | トップページ | 外部委託と責任意識 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/52628605

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線技師の意識:

« 悩むよりも相談だ! | トップページ | 外部委託と責任意識 »