« 保護者はどのように把握していたのか | トップページ | 未支給分の厚生年金 »

確定拠出年金で社会保険料の削減

確定拠出年金は、老後のためにお金を運用する手段であるが、社会保険料の削減とは、思い切ったテーマである。
(確定拠出年金には個人型と企業型があるので、企業型には、退職金を労働者が自分で形成するという意味合いはある。)

確定拠出とは何?という方のために簡単に説明すると、毎月出すお金が決まっているということです。
(普通の退職金の場合は将来の給付額が決まっているため、金融商品の運用状況が悪くなると、足らない金額を補うため会社の負担額が大きくなりますが、確定拠出であれば、一定額でよいというメリットがあります。)

確定拠出年金の制度導入をご検討される企業がございましたら、DC(確定拠出)アドバイザーである社会保険労務士 今井和寿にご相談ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 保護者はどのように把握していたのか | トップページ | 未支給分の厚生年金 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/52531353

この記事へのトラックバック一覧です: 確定拠出年金で社会保険料の削減:

« 保護者はどのように把握していたのか | トップページ | 未支給分の厚生年金 »