« 指導とはどういうことなの | トップページ | 118番 »

屋上屋を架す

原発の運転再開を巡り、閣内の混乱が露呈したようですが、皆さんは原発についてどのようにお考えでしょうか。
(こんな内容のテレビ番組も、最近は多いですね。)

iza:イザ!にも、関連した記事がありました。

政府・行政には、電力受給のために運転再開を既定事項とする立場の人が多いようです。
節電による企業活動への影響や火力発電の増強による電気料金の値上げを非難されるのは、嫌なのでしょうね。

具体的な内容も決まっていないストレステストを言い出した菅首相は、責任の重さから石橋をたたいて渡りたいというのが本音なのでしょう。
一定期間で退陣が決まっている自分では、運転再開の全責任を引き受けるのが嫌なのかもしれません。

さて、政府・行政の当事者や政治家の思惑はともかく、事故が起きれば制御できなくなる原発は、基本的に廃止されるべきものだと私は考えます。
(こんなに暑い時季になっても延々と熱を出し続け、自然に収束しないのですから、造るべきものではないはずです。)

もちろん、原発の電力により、今まで市民生活や企業活動が支えられてきたことは認めますが、後でとんでもない弊害が生じるのは、財政の赤字国債を同様です。造った人は後で責任をとりませんし、後になっても解決する方法がありません。)

さらに、原発はクリーンなエネルギー源とされていましたが、使用済みの核燃料が処分されずに大量に残っています。(福島原発にも、壊れた建物の中に置かれていて、冷やすのに今も苦労しているのはご存じの通りです。)

実用と言う点では、無理があるのが明らかな原発です。
運転再開には、屋上屋を架すぐらい慎重でなければなりません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 指導とはどういうことなの | トップページ | 118番 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/52162116

この記事へのトラックバック一覧です: 屋上屋を架す:

« 指導とはどういうことなの | トップページ | 118番 »