« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

天気予報が当たらない

ここ数日間、天気予報が当たらないと思っているのは、私だけでしょうか?

雨が降るとの予報で晴れてしまったり、曇りの予報で雨が強く降ったり。

天気予報は確率の問題で、外れることも当然なのでしょうが、まず当たるというのが私の天気予報の印象だったので、特別な原因があるのではと思ったりしております。(私は暑いのが嫌いなので、曇りがよいと思っております。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬券を買わないけど競馬予想 第52回宝塚記念(GⅠ)

JRAのCMでサイレンススズカが紹介されているが、最近は強い逃げ馬にお目にかかれない。
(メジロパーマーも、宝塚記念を勝っていたっけ。)

さて、今年の宝塚記念は、以下の三頭だと思う。

スローペースな天皇賞(春)をなんとか2着にしたエイシンフラッシュは、実力の証。

阪神コースを得意とするルーラーシップには、GI勝ちの絶好のチャンス。

調整が順調なら、ブエナビスタが主役になるかも。

dangerなお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相談して頭を冷やそう

暑くなってしまいましたね。
(梅雨が明けたら、暑いというより熱い、になってしまうでしょうね。)

トラブルで熱くなっても、興奮してはいけません。

第三者に相談して、頭を冷やそうではありませんか。

行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所は、あなたからのご連絡をお待ちしております。
(お気軽にご相談くださいね。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セ・パ交流戦終了

セ・パ交流戦が終了しました。

中日ドラゴンズは14勝10敗で、セ・リーグではトップでした。
セ・リーグの順位は二位で、上々の結果と言えるでしょう。

しかし、個々の中身を見ると改善すべき内容もありました。

まず、打順3番から5番の主軸が目立たなかったのが気になります。
森野選手と和田選手は絶不調の域は脱したようですが、はっきりとした上昇基調になっていないのは気がかりです。

次に、井端選手の打撃不振です。
主軸ではないので大きく取り上げられていないですが、つなぐ役割を果たせていないのは事実でしょう。
本来の粘りも感じられず、体調が悪いのではと心配になります。

一方、明るい話題は、平田選手の活躍です。
パ・リーグの投手という対戦経験の少ない相手に成績を残したのですから、実力が本物になってきた証だと思います。

セ・リーグの首位は、苦手の東京ヤクルトスワローズ。
克服するには、打撃の強化しかないと思います。

残念ですが、グスマン選手の良化は期待できそうにないので、若い選手を起用してください、落合監督!

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろお尋ねください

離婚協議書についての無料相談では、単に協議書の内容についてだけでなく、協議離婚全般についてのご質問にも対応しています。

・離婚協議書の効力は?
・年金分割すると金額はどうなるの?
・相手が再婚したら養育費はどうなるの?
・氏の変更は?

といったこともお答えします。

ご都合のよい日時をご連絡ください。

行政書士・社会保険労務士の今井和寿でした。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相談されることをお勧めします

日本では協議離婚が離婚の九割を占めているそうですから、夫婦の話し合いによる離婚が一般的ということになります。

しかし、これは、円満な離婚が九割だということではないと思います。
(離婚届を提出すればよいという簡便な制度によるところも大きいのでは。)

協議離婚をお考えの方は、取り決めなどについて相談されることをお勧めします。

離婚してから、しまった、なんてことがないように、いろいろ情報も入手してください。
(離婚されてから、ご相談にいらっしゃった方もありますが、後からでは大変なのです。)

行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所では、離婚協議書についての無料相談を実施しております。ぜひご利用ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でたらめだとは言い過ぎか?

震災からの復興のためには、お金がかかる。
民間も地方もお金が足りないから、国に頼る。

iza:イザ!にも、関連した記事がありました。

でも、国にもお金がない。日本は、国債依存度の高い赤字財政である。
(不況のたびに政府は景気対策として支出を増やしたが、時の政治家は景気がよくなれば税収が増えるなんて言っていたっけ。)

国債残高の資料を見て驚いたのは、1980年代後半のバブル期においても赤字国債は減っていないことだ。
(バブル期って、景気がよかったんじゃないの?)

震災対応にお金がかかるのは理解できるが、今までの支出があまりにも稚拙だったことは明白なのでは。
(失業者が増えて困るのは政治家だから、安直なことを繰り返してきたのでは。)

本当にお金が必要な今、財源に困るだけでなく、過去の反省もしてほしい。
(原発の事故を知り、電力不足の不便が仕方無いと思えるようになったのと同様に、震災ではない通常の不況の場合に、会社がつぶれたり失業者が増えても仕方無いと思わないと、財政の破綻は現実になるよね。)

安全だといわれ続けた原発も、経済大国といわれた日本の経済も、でたらめだとは言い過ぎか?
(赤字国債がなかったら、現在の生活水準ではないということでしょ。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大連立したら

菅首相の退陣時期について、あれこれ意見や報道がにぎやかですが、大連立に向けた動きも活発になっているようですね。

数の問題で政策が実行できないから大連立が必要になるのでしょうが、与野党が連立したら政策が良くなるのでしょうか?

連立したら極端な話、妥協、妥協になってしまうのではないでしょうか。

公約やマニフェストなんて、どこかに飛んでいってしまうように思います。

震災対応の問題があることは理解できますが、選挙で投票した人が納得できなくなることが多くなるように思われます。

大連立したら妥協、妥協で、すっきりしない政治になってしまうような気がします。
(他の方法もなかなか見つからないですから、残念ですが、しばらく日本は停滞ですね。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬券を買わないけど競馬予想 第61回安田記念(GⅠ)

レース間隔が詰まっていることと、牡馬との斤量差が気になるアパパネ。
好走するとは思うが、優位と言うほどではないのでは。

スマイルジャック、リアルインパクト、シルポート、ストロングリターンは、力の差がない印象。
斤量差のあるリアルインパクトに注目したい。

dangerなお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解散か除名ですよ

内閣不信任決議案が明日、採決されるようです。

iza:イザ!にも、関連した記事がありました。

震災対応との関係はともかく、自民党・公明党が不信任案を提出することは、野党としての権利だろうと思います。

珍妙な気分にさせるのは、与党民主党から賛成する議員がいると見られることです。

菅内閣を否定するということは、今進められている政策を否定するということです。
であれば、まず、民主党の党籍を外れることが先ではないかと思います。

さらに、賛成すると見られる議員たちは、不信任案が可決した後にどのような政権が作られるのか、何も示していないと思います。

無責任な議員たちをそのままにしておくのは、国政・議会の乱れてはなく、国の乱れだと思います。(政党の秩序がないのは、本当に情けない。)

震災対応のために政治空白はよくないと言われていますが、菅首相は真っ当な判断をするべきです。

不信任案が可決したら、衆議院を解散してください。

不信任案が否決したら、賛成した議員を民主党から除名してください。

解散か除名ですよ、菅さん!

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »