« 検察に求められる役割 | トップページ | あと2か月 »

先妻の子VS後妻

条文を確認する機会に遭遇したので、書きます。

先妻との間に子がいた男性が死亡した場合に、後妻の遺族年金がどうなるかという話です。

子は18歳未満で、男性の離婚後も養育費を受け取っており、それにより生計が維持されています。
後妻には、男性との間に子がありません。

上記の場合、子には遺族基礎年金と遺族厚生年金の受給権が発生し、後妻には遺族厚生年金の受給権が、発生します。

さて、先妻の子VS後妻の結果は?

条文では、妻が遺族基礎年金の受給権を有さず、子が遺族基礎年金の受給権を有するときは、妻に対する遺族厚生年金は支給停止され、子に遺族厚生年金が支給される、となっています。

よって、現状では、先妻の子に遺族年金が支給されることになります。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 検察に求められる役割 | トップページ | あと2か月 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/51751649

この記事へのトラックバック一覧です: 先妻の子VS後妻:

« 検察に求められる役割 | トップページ | あと2か月 »