« 馬券を買わないけど競馬予想 第143回天皇賞(春)(GⅠ) | トップページ | 暑くならないでくれぇ! »

養育費の取り決め(本当に簡単な書面)

養育費の支払いは親の義務ですが、トラブルが跡を絶ちません。
子どもの権利を守るため、書面による取り決めをお勧めします。
以下の内容は、養育費の支払いだけに絞った本当に簡単な文面です。

○○(以下、甲という。)と○○(以下、乙という。)は、甲乙間の子(以下、丙という。)の養育について次の通り取り決める。

第1条 甲と乙は、丙の親権者を乙と定める。

第2条 甲は乙に対し、丙の養育費として平成○年○月から丙が満20歳に達する日の属する月までの間、毎月末日までに月額金○円を、乙の指定する金融機関に振り込み送金する方法により支払う。

住所
氏名 ○○ 印

住所
氏名 ○○ 印

子どものいる夫婦が、上記のような書面の作成すら合意できないのであれば、協議離婚による離婚は後々不安です。
(家庭裁判所の手順を踏まれたほうが、よいかもしれません。)

離婚協議書のご相談は、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご用命ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 馬券を買わないけど競馬予想 第143回天皇賞(春)(GⅠ) | トップページ | 暑くならないでくれぇ! »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/51586006

この記事へのトラックバック一覧です: 養育費の取り決め(本当に簡単な書面):

« 馬券を買わないけど競馬予想 第143回天皇賞(春)(GⅠ) | トップページ | 暑くならないでくれぇ! »