« 馬券を買わないけど競馬予想 第41回高松宮記念(GⅠ) | トップページ | 犬は仲間です »

労働時間の管理

労働者は雇用契約上の義務として労働するのですから、使用者には労働時間の管理を行う責務があります。
(長時間労働の抑止や不払い残業代のトラブルなどを防ぐためにも、当然の責務です。))

労働時間の適正な管理については、以下の方法が原則です。

・使用者が自ら確認
・タイムカードやICカードなどの客観的な記録を基礎として確認

自己申告制は上記の方法が行いづらいようなやむを得ない場合にのみ、本来は認められているものなのです。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 馬券を買わないけど競馬予想 第41回高松宮記念(GⅠ) | トップページ | 犬は仲間です »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/51245475

この記事へのトラックバック一覧です: 労働時間の管理:

« 馬券を買わないけど競馬予想 第41回高松宮記念(GⅠ) | トップページ | 犬は仲間です »