« 私の住む地域は静かです | トップページ | 世論調査の作用 »

Jump(私の音楽暦:高校3年生期その1)

当時のロックギターのトップ・プレイヤーといえば、エディ(エドワード)・ヴァン・ヘイレン。

彼のギターテクニックは、不自然さがないという表現が一番合っているように思う。
(単に、「上手」というだけではないのだ。)

ハードロック系のギターにしては、和音の構成がハードロックを超越しているのだ。
(エディはキーボード演奏にも優れていたから、その辺りから来ているのかも。)

テンションの使い方が極めて自然で、ハードロックを好きでない人にも、ヴァン・ヘイレンのサウンドは馴染みやすかったと思われる。
(デイヴィッド・リー・ロスのボーカルは、好き嫌いがあったかも。)

Jumpは、完成度の高いサウンドである。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 私の住む地域は静かです | トップページ | 世論調査の作用 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/50712147

この記事へのトラックバック一覧です: Jump(私の音楽暦:高校3年生期その1):

« 私の住む地域は静かです | トップページ | 世論調査の作用 »