« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

法令集

この時期になると、来年版の法令集が書店に並んでいる。

法令の改正は、目に見える形で国民生活に役立っているだろうかと思うことがある。
(法令は、国民生活の変化・多様化に対応すべく改正されているはずなのだが・・・・。)

法令の存在は、法律事務をつかさどる公務員のためでも、我々士業を営む者のためでもない。

法令の遵守により、安心、平和な国民生活が実現されることを望む。
(法令を幅広く、一般の方にも読んでいただきたいと思う。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のマーキング再び

猫のマーキングが再び、発見された。
(おしっこをかけること、である。)

乗用車にマーキングするので、本当に困る。
(私の家は、猫を飼っていない。)

以前、猫よけスプレーのたぐいを購入して、数回使用したのだが、効果が継続しないためか、スプレーをしない日になるとマーキングの跡があった。

幸いというかこの数ヶ月の間、跡がなかったので、猫の気が変わったのか、猫がいなくなったのか、と思っていた。

意識して観察してみると、白い猫と薄茶色の猫が確認できた。
(野良猫ならあきらめるが、近所の飼い猫でないかとも、疑っている。)

効果的に寄せ付けない、追い払う方法はないでしょうか?教えてください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どういう基準で選んでるのよ!

柳田法務大臣の失言、そして、辞任が話題になっておりますが、大臣の適性というのはあるのでしょうか?

iza:イザ!にも、関連した記事がありました。

日本の大臣というのは、総選挙後とか代表選(自民党政権時代は、党首選?)とかの後に交代するのが常ですが、優秀で必要な人材であれば交代しなくてもよいはず。

菅内閣の場合は、挙党体制を第一に人選が行われたのでしょうが、適性が選考基準に入っていないということでしょうね。

一般の組織であれば、担当分野の専門性や経験が選考基準の一つになるでしょうが、今までの大臣を見ていると、国会議員は素人でも構わないという取り扱いの感じがしますね。

柳田さんの失言でも明らかなように、大臣は誰でもできるということですかねぇ。

どういう基準で選んでるのよ!

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬券を買わないけど競馬予想 第27回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

ダノンヨーヨーが人気のようだが、定量戦でもそんなに強いのかな。

テイエムオーロラ、ワイルドラズベリーが、斤量の恩恵を受けるのではないだろうか。

dangerなお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相手が悪いのに

ここ数日間、民事トラブル業務に対応していたのだが、すっきりとした解決には至らなかった。

継続的な契約期間内でのトラブルであったが、相手方の不誠実な態度・状況は、はっきりしていた。

個々の争いについては、内容証明郵便の送付により対応したが、根本的な解決ができなかった。

警察やその他の行政機関にも対応を求めたが、相手方の行為が対応できるレベルの手前というか、実務上の犯罪として取り扱うには不十分だということのようだ。
(民事裁判なら、いろいろな困難がさらに増える。)

民事トラブルに対応していつも思うことだが、日本の社会では被害者の救済が不十分であると同時に、加害者のペナルティーも不十分であると感じる。

被害者は、普通の日常生活を送っているし、特に問題となる行為を行っていない。

加害者は、明らかに悪く、自分の意思でその行為を行っている。

相手が悪いのに、相手にペナルティーを課すことのできない日本の社会が本当に嘆かわしい。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社員の社会参加

滋賀県米原市で起こった殺害事件の初公判が、本日、大津地裁で始まったそうです。

この裁判は、中部地方の裁判員裁判では過去最長となる29日間の審理期間が設けられているそうです。

29日間という長期間のため、裁判員の選任手続きでは、半数を超える辞退を許可したそうです。

裁判員制度の施行の前には、会社員の休暇や給与の取り扱いをどうするかなど、就業規則の見直しが話題になった記憶があります。

会社員が裁判員を担当するためには環境整備が必要なのだと、改めて思いました。

さらに、思い出したのが、地方議会の議員のことです。

地方議会の議員には、自営業の方や会社の経営者が結構いらっしゃいますが、会社員はどうでしょう?
(会社員といえば、ボランティアも行いづらいですよね。)

裁判員、地方議会の議員、そしてボランティアという社会参加の機会が、会社員には不自由、不都合だというのは、良いことではないと思うのですが。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お願いしてどうするのよ!

社長!!あなたの会社、労働保険に入っていますか?

一人でも労働者(パート、アルバイトも含まれます)を雇った場合、事業主は、労働保険に加入する必要があります。

「いいえ」とお答えの事業主は、加入手続きを速やかに行ってください。

今朝の中日新聞の朝刊に、上記のような厚生労働省の広告が掲載されていました。

この広告を出すのに、どのぐらいの予算が必要なのでしょうか。

未加入の事業主に、お願いしてどうするのよ!

強制加入なのだから、職権で全事業所漏れなく加入させなさいよ!

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »