« クマを生かす方法はないか | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第71回菊花賞(GⅠ) »

税制適格退職年金

税制適格退職年金(略して「適年」といわれています。)の移行は、平成24年3月31日までに行わなければなりませんが、みなさんの会社はいかがでしょうか?

従業員とのやり取りや積み立て不足など、クリアすべき事項は企業にとって負担となります。その意味では、小さな会社での移行作業は負担が大きくなるでしょう。
(「ほったらかし」の会社も、小さな会社のほうが多いのではないでしょうか。)

月刊社会保険労務士2010.10月号によると、平成21年度末で適年を解約した企業のうち、約34%が中小企業退職金共済制度(略して「中退共」といわれています。)に移行しているそうです。

この数字をどうとらえるかですが、小さな会社では確定給付企業年金や確定拠出年金に比べて、移行が容易だと判断されているのではないでしょうか。

「ほったらかし」では、税制上の優遇がなくなりますし、積み立て不足が、退職者の発生で会社の倒産に結びつくこともありえます。

退職金に詳しい社会保険労務士のご相談されることをお勧めします。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« クマを生かす方法はないか | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第71回菊花賞(GⅠ) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/49807568

この記事へのトラックバック一覧です: 税制適格退職年金:

« クマを生かす方法はないか | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第71回菊花賞(GⅠ) »