« 馬券を買わないけど競馬予想 第44回スプリンターズステークス(GⅠ) | トップページ | 予防が第一 »

就業規則に残業の定めがあるか

労働基準法が労働条件の最低基準であることは、ご存じのことと思います。

法定労働時間の原則は、第32条に定められています。
残業(時間外)については、第36条に定められています。

ですので、、いわゆる36協定を結んで残業を、可能にしているのです。

ところで、36協定があれば、残業義務が生じるのでしょうか?

判例では、就業規則に「36協定の締結・届出があれば残業をさせる旨」の定めがある場合には残業義務の根拠となるという考え方が、多いようです。

残業命令(義務)において、就業規則の記載内容は、とても重要だということですね。

あなたの会社の就業規則は、大丈夫ですか?

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 馬券を買わないけど競馬予想 第44回スプリンターズステークス(GⅠ) | トップページ | 予防が第一 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/49674267

この記事へのトラックバック一覧です: 就業規則に残業の定めがあるか:

« 馬券を買わないけど競馬予想 第44回スプリンターズステークス(GⅠ) | トップページ | 予防が第一 »