« 就業規則に残業の定めがあるか | トップページ | クマを生かす方法はないか »

予防が第一

トラブルが発生した後で、事後に救済を求めることは難しい場合が多いのです。

ADRにおいては、相手方がADRの手続きに参加(応じること)しないと、何も始まりません。

裁判だって、認めてもらえる証拠が確保できていなければ、勝つことは困難です。
(証拠を確保すること自体困難だったり、お金がかかったり、大変です。)

トラブルを最小限にするためには、予防が第一です。
(最小限というよりも、発生する可能性を小さくするといったほうが、正確でしょうね。)

雇用契約、賃貸借契約、売買契約というように、世の中では契約が日常的に行われています。
トラブルを最小限にするには、契約書の内容を細かに検討して作成することが重要です。
(当たり前のことですが、不十分な契約書が本当に多いのです。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 就業規則に残業の定めがあるか | トップページ | クマを生かす方法はないか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/49696920

この記事へのトラックバック一覧です: 予防が第一:

« 就業規則に残業の定めがあるか | トップページ | クマを生かす方法はないか »