« 行政書士ADRセンター愛知 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第60回安田記念(GⅠ) »

労働相談過去最多

2009年度に愛知労働局に寄せられた労働相談が、過去最多だったそうです。

中日新聞のWebサイトに、記事がありました。

この状況は、他県でも同様なようです。

ブログ:j-aizu 労働速報!には、、静岡県労働局についての投稿がありました。
ブログ:奈労連・一般労組支援には、京都労働局についての投稿がありました。

紛争調整委員会でのあっせんは、431件あったそうです。

あっせんには、以下の特徴があります。

・手続きが迅速・簡便である→裁判に比べて、時間や費用がかかりません。
・学識経験者が第三者的立場で担当→公平・中立な立場で対応します。
・料金が不要→あっせんに費用はかかりません。
・非公開で手続きが進められる→トラブルの当事者のプライバシーが守られます。
・和解契約としての効力→あっせん案を合意すると、民法上の和解契約の効力をもつことになります。
・不利益取扱いの禁止→労働者があっせんの申請をしたことを理由として、事業主が労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをすることは、個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律で禁止されています。
・時効の中断→あっせんが打ち切られた場合に、あっせんを申請した者がその旨の通知を受けた日から30日以内に訴えを提起すれば、あっせんの申請をした時に訴えの提起があったものとみなされます。

特定社会保険労務士なら、紛争調整委員会でのあっせん手続きにおいて、代理人が務められます。

あっせんについては、特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。
(労働トラブルについての無料相談も、実施しております。お気軽にご連絡ください。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 行政書士ADRセンター愛知 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第60回安田記念(GⅠ) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/48521721

この記事へのトラックバック一覧です: 労働相談過去最多:

« 行政書士ADRセンター愛知 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第60回安田記念(GⅠ) »