« 馬券を買わないけど競馬予想 第141回天皇賞(春)(GⅠ) | トップページ | クレジット110番 »

CAFE FLAMINGO(私の音楽暦:高校1年生期その2)

ニューミュージックというカテゴリが確立されてしばらくすると、その中からシティ・ポップというサブカテゴリが使われるようになってきた。

シティ・ポップは、フォークやロックと比べるとおしゃれな感じ(外見も含めて)の音楽。
かっこよさや甘い感じが、演奏(歌唱)する人にも要求されていたような気がする。

安部恭弘もそんな1人だった。(東芝EMIは、この路線をしばらくキープしたかな。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 馬券を買わないけど競馬予想 第141回天皇賞(春)(GⅠ) | トップページ | クレジット110番 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/48280108

この記事へのトラックバック一覧です: CAFE FLAMINGO(私の音楽暦:高校1年生期その2):

« 馬券を買わないけど競馬予想 第141回天皇賞(春)(GⅠ) | トップページ | クレジット110番 »