« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

離婚についての報道

沢尻エリカさんの離婚について、報道が盛んに行われておりますが、芸能人のプライバシーは遠慮なく報道ということでしょうか。

ブログ:冨田リカWebログにも、関連した投稿がありました。

しかし、今回のことは、どのようにマスコミに伝わったのでしょうか?

離婚というのは、めでたい出来事ではありませんし、当事者である二人には辛いことのはず。

沢尻さん側の姿勢は、情報公開に乗っかって、今後の芸能活動に活かそうとしている感じがしませんか?
(芸能人のキャラクターというのは、本人よりもマネジメントをしているプロダクションやブレーンに形づくられる部分が大きいと思いますが、その点では沢尻さんは恵まれていない?)

協議離婚の実務者としては、一般の方にとって、他山の石となるような報道を要望します。
(例えば、『どのような理由・原因だったのか? ⇒ 離婚に至らない結婚を考察する。』といった啓発となるような。)

離婚協議書についてのご相談は、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党へのエールでしょ

東京第五検察審査会が、起訴相当と議決したことに対して、小沢さんは民主党幹事長の辞任を否定したとのことですが、政権に与えたダメージは甚大なものでしょう。

iza:イザ!にも、関連した記事がありました。
ブログ:呉松ふくかずの雑記帳にも、関連した投稿がありました。
ブログ:Daily Mr. Expressにも、関連した投稿がありました。

小沢さん本人は「何もやましいことはない。」とおっしゃられたそうですが、国民が理解できる形での説明はなかったと言ってもよい状況でほったらかしにされたのは、検察の動きが怖かったからではないですか?

この問題を放置したままでは、民主党や鳩山政権が巻き添えなり、沈没するでしょうね。

私個人的には、政権交代で、違った視点での政策運営が(ある程度)なされてきたのですから、(鳩山さんが交代するにしても)民主党中心の政権で結果が出るまでは、継続してほしいと思っています。
(こんなことで変わるようでは、衆議院選挙での国民の投票は何だったのか、ということになりますよ。)

検察審査会の議決は、民主党へのエールだと思うのですが。
このエールに反応しないとすれば、民主党は(鳩山さんも)相当とろい。

小沢一郎さん、お辞めになってください。
(誰か、辞めさせられる人はいませんか!)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アドオンの管理

アドオンの更新、削除といった管理的なことは、適切に行われていますか?

先日も、JAVAの脆弱性について情報が公開されていましたが、意外と知られていないのではと思います。

独立行政法人 情報処理推進機構のWebサイトにも、情報がありました。

そもそも、ブラウザ内でどのように作用しているのかとか、ブラウザとアドオンの関係といった話になると、よくわからないという方が多いのでは?(私もそうです。)

ブラウザは日常的に使われるアプリケーションですし、セキュリティ上は最重要事項のはずですが、知識・運用という面では盲点なのではと思います。
(定期更新だけでは、緊急性のある場合には対応できないんですよね。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金銭問題と理由とする離婚

女優の沢尻エリカさんが、離婚の意思があることが、報じられております。

iza:イザ!に、記事がありました。

記事によると、ハイパー・メティアクリエーターの高城剛さんが芸能活動の資金だけでなく、生活資金もほとんど渡していなかったとのことです。

夫婦は扶養義務がありますので、夫に対して妻は生活費を請求できますが、この方々の生活はどのぐらいの水準なのでしょうか?

もちろん、沢尻さんも高城さんの収入を知った上で結婚していると考えられますから、それなりのレベルを維持するための高城さんの支出は必要でしょう。

協議離婚でお困りの方は、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっと取り上げてほしいなあ、労働基準法

労働基準法の改正について、中日新聞のWebサイトに記事がありました。
ブログ:エスアール雑談にも、投稿がありました。

記事にもありますが、中小企業への適用が猶予されている点が、問題なのです。

問題には二つあると、私は思っております。

一つは、中小企業の労働者の残業は?ということ。

もう一つは、大企業が残業を減らすことで、中小企業にその分のしわ寄せがいかないか、ということです。

いずれも、中小企業の労働者を保護するという考えが、欠如していると思いませんか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

医療機関の明細書

この4月から、病院や調剤薬局といった医療機関での明細書の発行が原則義務化されました。
今までの普通の領収証だけでは分からなかった、診療・処方の内容ごとの金額(点数)が明らかになるとされていたましたが、皆さんの感想はいかがでしょうか?

実際に受け取ってみての私の感想は、不十分だと感じました。
それは、明細の個々の内容が、一般人には分からないレベルの記述しかないからです。

スーパーで買い物をすれば、品物の名称まで表示されていることが珍しくありません。
私がもらった医療機関の明細書は、残念ながら医療事務を行っていらっしゃる方が分かる程度のものでした。

一層の改善を求めたいところです。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分自身の考えで行動せよ!

沖縄県の米軍基地移設問題は、混迷を深めております。

米軍普天間飛行場の移設先として検討されている徳之島の反対集会については、鳩山首相のコメントがあったそうです。

iza:イザ!に、記事がありました。

正直なところ、どこに持っていっても、地域住民がOKを言うところなどないと思います。

どのような決着であっても、鳩山首相の責任は問われるでしょう。

右顧左眄な首相の態度が、一番問題なのです。友愛といっても外見的には、周りの意見を聞いて調整するという自民党型の総理大臣と何も変わらないと国民が失望しているのです。

どう転んでも、今のままでは転覆しそうな内閣です。どんな案でもよいから自分自身の考えで、ドンと一発、やってくださいよ、鳩山さん!!

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココフラッシュからブログ広場へ

ココフラッシュが変わったそうです。
(気がつかなかった!!)

ブログ広場というものができたそうです。
(知らなかった!!)

行政書士と社会保険労務士の小カテゴリを作成しましたので、皆さん参加してくださいね。

行政書士・社会保険労務士の今井和寿でした。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬券を買わないけど競馬予想 第70回皐月賞(GⅠ)

ずば抜けた馬は、いないように思う。(ヴィクトワールピサが、少し強いと思うが。)

アリゼオ、ネオヴァンドーム、ハンソデバンドは、横一線ではないか。

ローズキングダムは、体重が戻らないと、本当の力が出せないと考える。

dangerなお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

専門家:花岡貴子さんの予想はこちらです。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民事トラブルと労働トラブルの比較

ちょっと、乱暴な内容ですが、民事トラブルと労働トラブルを比較してみました。
どっちが、解決しやすいでしょうか?私は、労働トラブルの方が解決しやすいと思います。(あくまでも、一般的にという意味です。)

例えば、男女のトラブルを解決するための証拠って、見つけることが大変ではないでしょうか?
不倫の慰謝料請求なんて、どうやって証拠を確保しますか。(もちろん、方法は、あるにはありますが。)
証拠があっても、請求してお金を取るということになれば、相手の態度によっては本当に大変です。
(解決処理のための行政機関が、特別に設けられているわけではありませんし。)

その点、労働トラブルについては、外見的にはっきりしている証拠が確保しやすいです。
行政機関として労働基準監督署が元々ありましたし、ADRや労働審判といった制度の充実が図られています。

労働トラブルでお困りの方は、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

労働トラブルのご相談は特定社会保険労務士へ

労働トラブルについては、いろいろな士業が相談に応じているようですが、労働法規だけでなく、人事・労務管理や賃金計算といった会社の実情を理解しているのは、社会保険労務士だと思います。

労働トラブルを解決するためには、あっせん、調停などのADRを利用することが検討されますが、代理権を有するのが特定社会保険労務士です。

・解雇、雇止め、配置転換・出向、降格、賃下げ、その他の労働条件の不利益変更
・いじめ、嫌がらせ、パワーハラスメントなどの職場環境に関するもの
・賃金不払い、同業他社への就業禁止等の労働契約に関するもの
・退職に伴う研修費用の返還、会社の所有物に係る損害賠償などの債権債務問題

上記のような労働トラブルでお困りの方は、愛知県扶桑町の特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紛争調整委員会のあっせん

紛争調整委員会のあっせんとは、紛争当事者の間に公平・中立な第三者として学識経験者が入り、双方の主張の要点を確かめ、双方から求められた場合には両者が採るべき具体的なあっせん案を提示するなど、紛争当事者間の調整を行い、話合いを促進することにより、紛争の解決を図る制度です。

紛争調整委員会とは、弁護士、大学教授等の労働問題の専門家である学識経験者により組織された委員会であり、都道府県労働局ごとに設置されています。この紛争調整委員会の委員のうちから指名されるあっせん委員が、紛争解決に向けてあっせんを実施します。

紛争調整委員会によるあっせんの特徴

①対象となる紛争・・・・労働条件その他労働関係に関する事項についての個別労働紛争が対象となります。
②手続が迅速・簡便・・・多くの時間と費用を要する裁判に比べ、手続きが迅速かつ簡便です。
③専門家が担当・・・・・弁護士、大学教授等の労働問題の専門家である紛争調整委員会の委員が担当します。
④費用・・・・・・・・・あっせんをうけるのに費用はかかりません。
⑤合意の効力・・・・・・紛争当事者間であっせん案に合意した場合には、受諾されたあっせん案は民法上の和解契約の効力をもつことになります。
⑥非公開・・・・・・・・あっせんの手続きは非公開であり、紛争当事者のプライバシーを保護します。
⑦不利益取扱いの禁止・・労働者があっせんの申請をしたことを理由として、事業主が労働者に対して解雇その他不利益な取扱いをすることは法律で禁止されています。

あっせんのついてのご相談は、特定社会保険労務士 今井和寿事務所にご相談ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

馬券を買わないけど競馬予想 第70回桜花賞(GⅠ)

今年は、伏兵というよりは、順当になるのではないだろうか?

阪神1600mを続けて走る、アパパネは有利だろう。

乗り替わりだが、アプリコットフィズには堅実さがある。

多少馬場が悪くなっても、ショウリュウムーンは問題なさそう。

ということで、

コース慣れ⇒アパパネ

堅実さ⇒アプリコットフィズ

馬場⇒ショウリュウムーン

dangerなお、この情報に基づいて被った損害について、一切の責任を負いません。

専門家:花岡貴子さんの予想はこちらです。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名ばかり取締役?!

名ばかりの取締役で労働組合活動を理由に不当解雇されたとして、労働者が労働契約の存続確認や慰謝料を求めた訴訟で、被告の会社と代表取締役が、労働者側勝訴の地裁判決を不服として高裁に控訴したそうです。

iza:イザ!に、記事がありました。

名ばかり管理職という言葉はよく聞きますが、名ばかり取締役という言葉もこれから普及しますでしょうか。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

処分が甘い!

大阪府内のハローワークに勤務する職員がセクハラ行為で処分を受けたそうです。

iza:イザ!に、記事がありました。

この職員は、職場内のセクハラ相談員だったそうですが、厚生労働省はセクハラを防止する側の立場なのに!

停職1箇月では、処分が甘い!

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使用者責任

学習塾の小学生刺殺事件について、会社には使用者責任に基づく賠償責任があるとして、損害賠償の支払いを命じる判決があったそうです。

YOMIURI ONLINE(読売新聞)に、記事がありました。
ブログ:街角のうどん屋からにも、関連した投稿がありました。

使用者責任とは、事業の為に労働者を使用する者が事業の執行について労働者が損害を第三者に与えた場合に、使用者が負担する責任のことです。
使用者が労働者の選任及び監督について相当の注意をしたことを立証すれば、この責任を免れるといわれていますが、どうでしょうか?

学習塾に限らず従業員にまかせっきりという会社は珍しくないでしょうが、普段から使用者責任を認識している会社はとても少ないと思います。

従業員は給料をもらって仕事をしているので責任はあるのですが、使用者が考えているよりも労働者の負担する責任は小さいといえます。
(というか、使用者が、普段から労働者に対して教育、監督を徹底していないと、問題が発生したときには、損害を賠償することになりますよね。)

この判決を機会に、労務管理について見直してみませんか!

社会保険労務士の今井和寿でした。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »