« 中長期視点の産業政策とは | トップページ | ストレスの発散では解決しない »

事後救済ではなく事前防止

吹き付け石綿による健康被害で、建物の所有者に賠償命令が出たそうです。

iza:イザ!に、記事がありました。

このように事後に救済を求める形になることは、被害者側にとって十分な救済には絶対にならないのであり、事前防止の確保が重要です。

本日は、食品、家電製品や悪徳商法に対処する消費者庁が発足したが、残念ながら、事前防止というよりは事後処理の情報収集機関の印象が。

裁判によらない国民の安心、安全な生活のための制度を、作ることはできないのでしょうか?

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 中長期視点の産業政策とは | トップページ | ストレスの発散では解決しない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/46087622

この記事へのトラックバック一覧です: 事後救済ではなく事前防止:

« 中長期視点の産業政策とは | トップページ | ストレスの発散では解決しない »