« メリーアン(私の音楽暦:高校1年生期その1) | トップページ | あっせんの具体例(パワハラ) »

入社時の社会保険料控除

労働保険と社会保険の保険料について、被保険者の本人負担分を会社が給料から控除するのですが、入社時の社会保険料の控除が間違えられていることがあります。

例えば、9月中に入社日がある場合に、9月中の支払い日の賃金から控除してしまう間違いです。

社会保険は暦月単位でとらえますので、翌月の支払い日の賃金から控除することが正解なのです。

9月中に入社日がある場合には、10月中の支払い日の賃金から控除してください。

社会保険労務士の今井和寿でした。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« メリーアン(私の音楽暦:高校1年生期その1) | トップページ | あっせんの具体例(パワハラ) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メリーアン(私の音楽暦:高校1年生期その1) | トップページ | あっせんの具体例(パワハラ) »