« やっと解散 | トップページ | 何がしたいのかよくわからん »

浮気相手に対する慰謝料請求の考え方

浮気相手に慰謝料を請求するときの法律的な考え方は、以下のようになります。

・夫婦には、貞操を守る義務があります。
(夫にもあります。)

ですので、例えば、夫が浮気相手と性的な関係を持った場合は、浮気相手は、妻に対する共同不法行為者となるのです。
(夫も不法行為者ということです。)

・浮気相手の過失の程度により、不法行為の責任が小さくなる場合があります。

例えば、夫が独身であるとだましていたとか、婚姻関係が実質的に破綻していた場合などです。

お困りのことがございましたら、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所に、お気軽にご相談ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« やっと解散 | トップページ | 何がしたいのかよくわからん »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっと解散 | トップページ | 何がしたいのかよくわからん »