« 馬券を買わないけど競馬予想 第76回東京優駿(GⅠ) | トップページ | 個別労働紛争解決制度の利用が大幅に拡大 »

離婚時の財産分与

離婚時の財産分与には、3つの意味があるといわれています。

・夫婦で築いた財産を清算すること
結婚してから二人が協力して作った財産を、離婚により清算するということです。

・離婚後の配偶者の扶養のための分与
離婚によって配偶者が経済的な自立が困難となる場合に、生活を維持するために扶養分を盛り込むことです。

・離婚の慰謝料としての分与
離婚の原因となった有責配偶者が、財産分与の算定上、慰謝料を考慮するということです。

行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所では、離婚協議書についての無料相談を実施しております。
お気軽に、ご都合のよい日時をご連絡ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 馬券を買わないけど競馬予想 第76回東京優駿(GⅠ) | トップページ | 個別労働紛争解決制度の利用が大幅に拡大 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬券を買わないけど競馬予想 第76回東京優駿(GⅠ) | トップページ | 個別労働紛争解決制度の利用が大幅に拡大 »