« 中小企業緊急雇用安定助成金の受給要件 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第76回東京優駿(GⅠ) »

分かりにくい・難しい

厚生労働省を分割・再編するという意向が、内閣にはあるそうですが、国民の利益になるのでしょうか?

iza:イザ!にも、関連した記事がありました。

分割・再編で、国家公務員の人員はどうなるのでしょうか?
規制緩和や地方分権の推進などにより、行政のスリム化が行われておりますが、これとは矛盾しないのでしょうか?

私は以前から、規制緩和を推進するなら事後チェック型に行政が変身する必要があると思っているのですが、この点についても期待できない予感がしております。

行政のスリム化が進んで公務員の人員が減ると、国民生活の秩序維持には、ますます行政の貢献がなくなってしまうと思っております。
行政の取り締まりが緩くなると、生活上の法律トラブルが結果として多くなり、司法に救済を求める度合いが高くなると考えます。
つまり、行政が小さくなった分、司法が大きくならざるを得ないということです。

しかし、司法の現状は国民にとって、分かりやすくて簡単でしょうか?
私は、違うと思います。

ブログ:司法書士小川博隆のブログには、弁論主義についての投稿がありました。

民事調停の書面を書くことですら技術が必要ですし、訴訟に至っては専門家に依頼しないと自分の言いたいことをうまく表現させてもらえないような部分があると思います。

司法の利用について、本人だけで可能なレベルまで改善することが必要だと、私は考えます。

お困りのことがございましたら、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所にお気軽にご連絡ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 中小企業緊急雇用安定助成金の受給要件 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第76回東京優駿(GⅠ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/45145259

この記事へのトラックバック一覧です: 分かりにくい・難しい:

« 中小企業緊急雇用安定助成金の受給要件 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第76回東京優駿(GⅠ) »