« 受動喫煙は迷惑だってわからない医師 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第57回トヨタ賞中京記念(GⅢ) »

労働基準法の改正

平成22年4月1日に『労働基準法の一部を改正する法律』が施行されます。

内容としては、

・時間外労働の割増賃金率の引き上げ
・割増賃金の支払いに代えた有給休暇の取得
・割増賃金引き上げなどの努力義務
・年次有給休暇の時間単位での取得

といったものです。

ブログ:社会保険労務士による労働時間、残業問題、就業規則の実務講座には、改正労働基準法政省令案についての投稿がありました。

景気の悪化により雇用の現状についてさまざまな議論が行われておりますが、この法律改正が、長時間労働の抑止ということで効果があることを期待したいものです。

しかし、『たくさん払えば残業してもよい。』というように言っているようにも感じてしまうのですが。

また、割増賃金率の引き上げについては、中小企業は適用が猶予されるというもの不満です。
大企業と比較して、労働条件がよいとはいえない中小企業を猶予するというのは、政治的配慮でしょうか?

労働基準法についてのご質問は、特定社会保険労務士 今井和寿事務所に、お気軽にご連絡ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 受動喫煙は迷惑だってわからない医師 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第57回トヨタ賞中京記念(GⅢ) »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 受動喫煙は迷惑だってわからない医師 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第57回トヨタ賞中京記念(GⅢ) »