« 助成金説明会 | トップページ | 労働基準法の改正 »

受動喫煙は迷惑だってわからない医師

富山市で開かれた講演会の質疑応答で、男性医師が、「禁煙が進むと医療費がかさむことは明らか。どんどん吸って早く死んでもらった方がいい」と発言していたそうです。

YAHOO!JAPANニュースにも、関連した記事がありました。
ブログ:つれづれ日記にも、関連した投稿がありました。

喫煙と医療費との関係については、タバコを吸わない人のほうが医療費が少なくなっているというデータ・考え方が一般的なはずでは?

東北大学医学部のサイトに、関連した記述がありました。

発言した医師は、「私もたばこを吸うので、(喫煙は)自己責任だと言ったつもりだったが、誤解されてしまった」と説明。さらに「禁煙よりも、医療や介護を受けられない人たちへの対応に力を入れるべきだという思いがあった」と話したとのことですが、受動喫煙は自己責任ではありませんぞ!

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 助成金説明会 | トップページ | 労働基準法の改正 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/44321201

この記事へのトラックバック一覧です: 受動喫煙は迷惑だってわからない医師:

« 助成金説明会 | トップページ | 労働基準法の改正 »