« 馬券を買わないけど競馬予想 第46回報知杯弥生賞(GⅡ) | トップページ | 名ばかり管理職で約4500万円の支払いを命じる判決 »

親権者と監護者

離婚する夫婦に未成年の子どもがいる場合は、親権者を定めなければなりませんが、『どちらが子どもといっしょに暮らすか』という点から、なかなか合意ができないケースがあります。

このような場合に、親権と監護権を双方に分けることで、合意することがあります。

親権者は、通常、身上監護、財産管理、身分行為を代理することができますが、親権と監護権を分けた場合は、財産管理と身分行為になります。

監護権とは、子どもといっしょに暮らし、子どもを育てていくことです。

親権と監護権を分けるのであれば、トラブル防止のために書面による合意書を作成すべきでしょう。

行政書士 今井和寿事務所では、離婚協議書の作成をサポートしております。
お気軽に、ご相談ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 馬券を買わないけど競馬予想 第46回報知杯弥生賞(GⅡ) | トップページ | 名ばかり管理職で約4500万円の支払いを命じる判決 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 馬券を買わないけど競馬予想 第46回報知杯弥生賞(GⅡ) | トップページ | 名ばかり管理職で約4500万円の支払いを命じる判決 »