« 坂本総務政務官の“派遣村発言” | トップページ | 有能な部下が退社し負担増による過労死認定 »

民法が定める離婚原因

民法では、5つの離婚原因を定めています。審判離婚や裁判離婚で認められる離婚原因ということになります。
(もちろん、婚姻関係が破たんしている場合が対象です。)

① 配偶者に不貞な行為があったとき

② 配偶者から悪意で遺棄されたとき

③ 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

④ 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

⑤ その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき

なお、協議離婚では、理由に関係なく夫婦双方が離婚について合意すれば、成立します。

離婚協議書の作成についてのご相談は、行政書士・特定社会保険労務士今井和寿事務所にお気軽にお問い合わせください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 坂本総務政務官の“派遣村発言” | トップページ | 有能な部下が退社し負担増による過労死認定 »

法律」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坂本総務政務官の“派遣村発言” | トップページ | 有能な部下が退社し負担増による過労死認定 »