« 高年齢雇用継続基本給付金 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第53回京阪杯(GⅢ) »

二つの遺言書

一澤帆布の相続についての判決が大阪高裁でありました。

iza:イザ!にも、関連した記事がありました。

「相続が争族にならないように遺言を作りましょう。」という話がありますが、遺言があっても争族になってしまった事例ですね。
兄弟で一緒に商売をすることは、難しいのでしょうか?

以前に作った遺言を、後に作った遺言で、内容の否定・変更ができるものですが、本物、偽物という主張が出ると真実はどうなんだ、ということを見つけださなければなりませんね。
(真実を知っているのは、亡くなられた被相続人だけだと思いますので、裁判所で本当・真実に基づく解決ができるとは限らないと思います。)

大阪高裁では筆跡についての判断があったようですが、ネットで検索したら、筆跡鑑定や印影鑑定を商売としていらっしゃる方があるです。
(テレビドラマの世界とは、異なるのでしょうか?)
筆跡鑑定や印影鑑定を依頼しなければならない事件が多くなるようなら、遺言の制度を見直さなければならない日が来るかもしれません。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 高年齢雇用継続基本給付金 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第53回京阪杯(GⅢ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/43252109

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの遺言書:

« 高年齢雇用継続基本給付金 | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第53回京阪杯(GⅢ) »