« 顔の見えない相手 | トップページ | 高年齢雇用継続基本給付金 »

長い夜(私の音楽歴:中学校2年生前期)

松山千春が、まだ若い女性にキャーキャーいわれていたころの作品。

このころのニューミュージックと呼ばれた音楽は、フォーク系とロック系に分かれていたように思うが、松山千春はフォーク系だった。
しかし、この作品は、エレキギターがディストーションを効かしてオブリガードとバッキングを担当しており、ロックテイストだった。

当時は他のフォーク系歌手も、電気楽器を多用するようになってきており、松山千春もサウンドの志向を変えざるをえなかったのかなぁと思ったものだ。
アレンジ次第で曲の雰囲気が変わるのだと、感心した作品だった。

長い夜は、今でも40歳以上の人が、カラオケで歌っているのではないかな?

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

|

« 顔の見えない相手 | トップページ | 高年齢雇用継続基本給付金 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/43235968

この記事へのトラックバック一覧です: 長い夜(私の音楽歴:中学校2年生前期):

« 顔の見えない相手 | トップページ | 高年齢雇用継続基本給付金 »