« 馬券を買わないけど競馬予想 第26回関西テレビ放送賞ローズステークス(GⅡ) | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第62回ラジオ日本賞セントライト記念(GⅡ) »

離婚協議書の作成を誰に依頼する?

離婚協議書とは、結婚期間中になされたことを、どのように二人で分担して責任をもつか、を書面にしたものです。ですから、もちろん、離婚しようとする夫婦が作成するものです。

でも、離婚協議書の内容として記載する財産分与、子供の親権、養育費、年金分割、慰謝料などの取り決めについて、よくわからないとか不安であるといった場合があると思います。

そこで、法律の専門家がアドバイスをすることで、離婚後のトラブルにならないよう的確な文面の作成が可能になると思います。

そうなると、権利義務に関する書類作成が認められている行政書士か、弁護士さんのどちらかになります。行政書士、弁護士さん、それぞれ依頼した場合のメリットがあると思いますが、どちらを選ぶかよくわからないという方には、次の考え方でよいと思います。

『夫婦で取り決める内容を合意している、合意できそうなのであれば行政書士、争っていて話がまとまらないのであれば弁護士さん』

ブログ:サムライ左近法務事務所の事件帳に、行政書士と弁護士さんの報酬についての投稿がありました。

離婚協議書についての無料相談を9月30日(火)まで、実施しております。詳しくは、行政書士・特定社会保険労務士 今井和寿事務所をご覧ください。

|

« 馬券を買わないけど競馬予想 第26回関西テレビ放送賞ローズステークス(GⅡ) | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第62回ラジオ日本賞セントライト記念(GⅡ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522732/42537164

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚協議書の作成を誰に依頼する?:

« 馬券を買わないけど競馬予想 第26回関西テレビ放送賞ローズステークス(GⅡ) | トップページ | 馬券を買わないけど競馬予想 第62回ラジオ日本賞セントライト記念(GⅡ) »