CASIO(カシオ) Privia 電子ピアノ PX-S1000

CASIO(カシオ)が数か月前に新しい電子ピアノ(PX-S1000)を発売したこと知っていたのですが、実物を確認する機会がありませんでした。
(CASIO(カシオ)の製品だから、家電量販店に並ぶと考えていたのですが、発表後に何度か足を運んでも置いてなくて、見ることすらできませんでした。)

昨日、Privia PX-S1000BKをようやく見て、しかも触ることができました。そこで、Privia PX-S1000について、いろいろ書いてみます。
(ただし、低い棚に斜めにおかれている感じ(というよりも引っ掛けてある感じといったほうが適切かも)だったので、ちゃんとした高さと向きで置かれていたなら、以下の印象は変わるかもしれませんので、読んだ方はこの点をご了承ください。)

知っていたことですが、サイズが小さくなりました。高さと奥行きが小さくなったのですが、奥行きは一目でそれを実感できました。

奥行きが小さくなるということは、鍵盤の全長が短くなるということですが、そのデメリットはどうなんだろうと思っていました。
(鍵盤は目に見えている部分は規格があるので、どれも同じはずですが、弾いている人の前側の隠れている部分が短くなっていると推測していました。)

鍵盤が短くなると、鍵盤の根元(奥のほう)を押さえるときに、とても力が必要になるのです。
(てこの原理と同様です。)

黒鍵と白鍵を一緒に弾く(和音が一番わかりやすいでしょうか。)ような場合に、どうしても鍵盤の根元(奥のほう)を押さえる必要が生じますが、力の入れ具合をコントロールするのが結構大変になるのです。

昨日私が弾いて確認した限りでは、そのデメリットは小さく感じました。
(これは良いことでしょう。)

PX-S1000の旧(前)モデルはPX-160になるはずですが、 PX-160BKよりも鍵盤の根元(奥のほう)を押さえるときのデメリットは小さいと思いました。
(Privia PX-160も、旧(前)モデルのPX-150よりも改善しているという印象でしたから、良い傾向ですね。)

ただし、PX-160は3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤IIで、PX-S1000はスマートスケーリングハンマーアクション鍵盤であり、異なる鍵盤の形式・構造であるようです。

3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤IIは優れた同音連打の演奏性が売りでしたが、私は鍵盤を強く押さないと弾ける状態まで速く戻ってこないという印象だったので、弾きやすいとは思っていませんでした。

スマートスケーリングハンマーアクション鍵盤は、CASIO(カシオ)のWebサイトでも構造の詳細は書かれていません。私の印象では、電子的な仕組みで同音連打の演奏性を確保しているのかなと感じましたが、より自然な力の入れ具合で弾くことができましたから、良いと思います。

コンパクトな電子ピアノは、部屋数や部屋の大きさなどの自宅の条件から、選ばれる方もいらっしゃると思いますが、長い期間使うことを考えると性能のことも考える必要があるでしょう。

PX-S1000は選択肢の一つになると思いますから、どこかで試しに弾いてくださいね。
(比較対象は、ヤマハ(YAMAHA)のP-125、KORG(コルグ) のB1になるでしょうか。)

(値段はネット通販が安いでしょう。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

自動車の運転でせっかちな人

最近は自動車の事故に関する報道が多いですが、高齢者の運転操作以外で私がここ数年感じていることを書きます。

それは、自動車の運転でせっかちな人が多くなっているのでは、ということです。

必要ではない急発進や急加速が多くなっていると感じます。

幅が広くて制限速度が大きい道ではなく、住宅の並んだ細い生活道路でたくさん遭遇するのです。
(自分が自動車を運転しいるときもありますし、歩行者であるときもあります。)

その勢いは、何でそんなにスピード出すの?って、言いたくなるぐらいです。

また、近年はあおり運転という言葉が一般的になりましたが、車間距離を小さくしている人も、多くなっているような気がしますが、これもせっかちな人が原因・理由ではないかと思うのですが。
(車間距離の小さい人が増えたことで、細い生活道路から信号機のない交差点で、主要な道路に出ようとしたときに、なかなか出られないよ!譲ってもくれないし。)

急発進と急加速ができないと安全上の問題が生じるかもしれませんが、急発進と急加速ができないことによる安全というメリットがあり、そのメリットのほうが大きいと思えますが、皆さんはどのようにお考えでしょうか?
(自動運転車が普及したら、急発進と急加速はなくなるのでしょうか?でも、せっかちな人は至極不満かも。)

周りのことを考えてゆっくり走ってくれたら、事故は少なくなりませんかね?
(せっかちな人は、ゆっくり走ることが不満ですか?)

ところで、急いでいるから、急発進や急加速をするんだ、というのは正当な理由ではないと考えます。
(だって、自分優先で、周りの安全のことを軽視していることになるからです。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

人それぞれの充実で

大型連休の準備を行った方は多いと思います。

準備といっても、純粋に旅行や行楽などを含めて遊ぶ・休む予定がある方がいらっしゃる一方で、仕事や勉強で関係ないという方もいらっしゃると思います。

さらに、遊ぶ・休む予定の方でも、連休により仕事や作業がたまって大変だという方がいらっしゃると思います。

すると、毎日が同じほうが楽なのかとか、心身によいのはどちらだとか、健康と休息や規則性といったことを考えたりもしますよね。
(個人的には、少し暇なぐらいの仕事の量というのが、よいと思います。)

さて、準備の話に戻しますと、仕事で小銭を必要とされる方は、あらかじめの準備量が膨大になっているのではと思います。
(そのようなことを考えると、電子決済というのは楽なのかもしれませんが、初期準備は負担でしょうね。)

休みが続く方であれば、時間のかかる作業をするのもよいと思います。
(準備から始めても、時間がありますから。)

いずれにしても、けがをせず、事故に遭わず、充実した時間を過ごしたいですね。
(もちろん、人それぞれの充実でよいのです。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

昭和が遠くになっていくのだなぁ

元号が代わるということで、土曜日・日曜日は、昔の歌謡曲に関するテレビ番組が放送されていました。

平成の歌謡曲だけということではなく、昭和の歌謡曲も紹介されていましたが、平成だけでは番組の成立は無理だったのかなとも思いました。
(昭和の歌番組はライブ感があり、一方、平成は最近になればなるほど、・・・。歌も演奏もすべて生、つまり人間が実際に行っているというのは、最近はないということでしょうか。)

昨日の放送では少しだけですが、岡田有希子さんの映像もありました。
(先日のNHKの竹内まりやさんの特別番組でも、映像があったようですが、見逃しました。)

令和になってからは、昭和で取り上げられる歌謡曲は、相当なヒット曲だけになっていくでしょうから、有希子ちゃんの歌唱を見る機会がなくなるかもしれませんね。
(昭和が本当に遠くになっていくのだなぁと思います。)

東京の四谷の大木戸ビル前の毎年の集まりは、ネット上で今年から行わないという内容を見ましたが、今年はどうだったのでしょうか。

これからも、あなたのことを、大切に思い続けます。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

私製の離婚協議書も作ります

離婚をするなら、しっかり取り決めをしましょう。

取り決めができたのであれば、その内容を書面にしましょう。

取り決めを書面にするときには、公正証書を用いましょう。

上記のようなことは今までも、再三述べておりますが、理由があって公正証書にすることはできないという方がいらっしゃいますよね。

であれば、普通の紙に書く離婚協議書(これを私製の離婚協議書といいます。)を作りましょう。

行政書士今井和寿事務所では、普通の紙に書く私製の離婚協議書も作りますので、ご用命をお願いします。
(料金は安くなるように頑張りますので、ご相談ください。)

離婚協議書作成センター

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

離婚届と元号

先日、婚姻届を新しい元号になってから提出したいと考えておられる方が多い、との新聞記事を見ましたが、離婚届はいかがでしょうか?

離婚届と元号の関係についての新聞記事を、私は見ていません(知りません)が、踏ん切り、動機付けという意味では、少なからず影響があるのではと思いました。

さて、平成のうちに離婚を完了される方で、離婚協議書をきちんと作ろうとお考えの方は、時間が少なくなっていることをお伝えします。
(新しい元号になってから、揉めるような文面には、したくありませんよね。)

いろいろ考えた上で、トラブルを防ぐために合意することが、離婚協議書を作る意義なのですから、充分に時間をかけましょう。

行政書士今井和寿事務所は、離婚協議書作成のお手伝いをしておりますので、ご利用ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自筆証書遺言の方式緩和

民法の改正により、自筆証書遺言の方式緩和といわれるものが、平成31年(2019年)1月13日から始まっています。

自筆ではない財産目録を添付して、自筆証書遺言を作成できるようになったのです。

具体的には、自筆で書いた遺言書とは別に、別紙で財産目録を作るということです。

別紙の財産目録は、パソコンで作成することができて、通帳や登記事項証明書の添付も可能となりました。
(ただし、財産目録にはすべてのページに、署名と押印が必要です。)

なお、民法の改正による遺言制度の変更は、今後も続きますので、ご注意ください。

遺言作成センター

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうそろそろ主体的に

正月にお休みだった方は、しっかりと休息をとることはできましたか?
(昨日は九州で地震が発生したそうですが、正月気分が吹っ飛んでしまった方もおられたでしょう。)

休みでなかった方には恐縮ですが、正月というのは、とても受動的な時季だなぁと、私は思いました。

年賀状を書いて送っておかなければならないとか、買い物をしておかなければならないとか、正月に入る準備をしているというよりも、させられているような感じを、この正月はいつもより感じた気がします。
(能動的に自主的に主体的に、考え、行動するのが、本当の人間なんだよなぁと思いました。)

今年は憲法改正の動きがみられるでしょうか?

株価はどうなりますか?

安倍政権は安泰でしょうか?

これらすべてに、受動的に従うしかないのでしょうか?

世の中が良く(善く)なりますようにと願うだけでなく、世の中を良く(善く)するために、(自分も含めて)多くの国民が行動してほしいなと思いました。
(もうそろそろ、主体的に政治を変えてもよいのではないでしょうか?)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思いやる時間

雑事・雑用というのか、本業ではないいろいろなことに時間を費やさなければならない時期のようです。

毎年多い少ないはあっても同様な感じがしますが、このような感じは個人的には好きではありませんね。

これには理由があるのでしょうが、年末とお正月というものが影響しているのは、間違いないでしょう。

さて、今日はクリスマスですよね。

本来はキリストさんの生まれた日を祝う日だったと思いますが、日本ではお祭り・イベントという感じの日として定着しているのでしょうね。

すべての人が幸せを感じる日であることが理想ですが、クリスマスなんて関係ないという状況の方もおられるでしょう。
(苦難の真っただ中という人もいるでしょう。)

クリスマスに周りの人のことを考えることは、あってもよいと思いますね。
(思いやる時間があってもよいと思うのです。)

すべての人が和やかな時間を過ごしてほしいなと、本当に思います。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行政書士が心を込めて代書します

メールやアプリで連絡するのが当たり前になっている現代では、手紙やはがきを書くことに不慣れな方も、多いと思います。
(暑中見舞いは少なくなったのではと思いますし、年賀状や香典返しといったものも、あらかじめ用意された物、形式的に感じる物が多いです。)

でも、しっかり伝えたい、たくさんの内容を書きたいという場合には、郵便が適していることも多いでしょう。
(相手が高齢者の場合には、手紙またははがきのふさわしい場合が多いと思います。)

また、お詫びやお断りを伝えるときには、誠実な態度を文字で表現する方法として、手紙やはがきが用いられていると思います。
(苦情や抗議の場合も、同様でしょう。)

さらに、責任の所在を明確にするとか、相手の対応・行動を求めるとかの場合には、記録の残る内容証明郵便を利用すべきでしょう。

行政書士今井和寿は、あなたが相手に伝えたいことを、法律上のことも考えて、きちんと書面にします。

内容証明郵便はもちろんですが、普通の手紙にする場合も、心を込めて代書します。
(お気軽にご連絡ください。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«多い少ないという話か?