投票率の低かった選挙区は当選者なしではダメですか?

参議院の選挙情勢の報道が出ており、結果が分かってしまったと感じた方もいらっしゃるでしょう。

それはともかく、投票率が低くなる予想の報道も出ていましたが、これについてはどのように感じましたか?

どのような結果が出たとしても、最近の国政選挙では四割以上の有権者が投票していないようですが、こんな程度で正しい人選といえるのでしょうか。

もっと投票してもらうように、ちょっとぐらい強引な方法を実施するぐらいにしないと、状況が変わらないように思います。
(物理的に投票に行くことができるのに、投票に行かない人は、「投票に行く理由がない」なんて、おっしゃられるでしょうから。)

ネットを利用した投票は不正や秘密保持の問題があり、困難なようですから、投票することによる特典を設けたらと考えます。

やはり、お金に関することをまず考えます。

例えば、投票した人には、図書券とかQUOカードとかがもらえる、といったことですね。
(税金や社会保険料を減額してもらえるというのでも、よいのですが、手間がかかりそうな気がします。)

強引な方法では、正当な理由がなく投票をしない人については、不投票税なんて税金を徴収するというのはどうかと思います。
(投票しない人についても、準備でお金がかかっているのですから、一定の負担を求めることは間違いではないようにも思えます。)

ただし、これらの実施の際には、適切に書かれていない無効票とは区別して、白票を集計する制度が設けられるべきと考えます。
(投票したい人がいなかったという意味であり、白票の数によっては、当選者に支持の程度がダイレクトに伝わると思います。)

でも、白票は当選者に投票したことと変わらないという考え方もありますので、意味がないという主張も理解できます。

そうなると、究極の方法として、「投票率の低かった(基準に満たなかった)選挙区は、当選者なしで、再選挙も行わない」というのはどうでしょうか?

当選者を選ばないなんて、バカなことを言うな、といわれそうですが、一度ぐらいそんなことでもしないと、投票することのできる意味・ありがたみを理解できないのではと思ってしまうのです。
(現在の法定得票というものでは、再選挙になる可能性が極めて小さいでしょう。)

いろいろ無茶なことを書いたかもしれませんが、皆さんは投票に行ってくださいね。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

松原敬生さん、お疲れ様でした

東海ラジオを中心に活躍した松原敬生さんが、昨日の生放送を最後にラジオパーソナリティの仕事を引退したそうです。
(体調が良くないとのことです。)

松原敬生さんというと、演歌関係で有名ですが、昔は平日の午後に放送されていた蟹江篤子とのコンビの「ぶっつけワイド」が一番の印象です。

(私の記憶が正しければ)岡田有希子さんの自殺の一報を聴いたのも、この「ぶっつけワイド」でした。
(その時は詳細が伝えられなかったので、残念な事までは分かりませんでした。)

大友康平さん(だったと記憶)がゲストのときにHOUND DOGの曲名(だったと記憶)で、とんでもない間違いで紹介したという記憶もありますが、覚えていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?

東海ラジオでは大御所的な存在だった松原敬生さん、本当にお疲れ様でした。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

憲法25条

老後の資金として約2000万円必要とかいう金融庁の審議会の報告書について、いろいろ報じられていますね。

この2000万円というお金ですが、働いて得るか、金融商品で増やすか、のどちらかが一般人にできる方法なのだと思います。
(不動産を使って儲けるという方もいらっしゃるでしょうが、ここでは触れません。)

働いて得るという方法は、すべての人ができる方法ではありませんよね。
(心身の状態や能力の違いが当然ありますし、儲かる仕事ばかりでもありませんから。)

金融商品で増やすという方法も、すべての人ができる方法ではありませんよ。
(金融商品を購入することのできない人もいますし、購入してもその金融商品が大きくなっていくばかりではありませんし、大きくなっても2000万円に届かない場合があります。)

公的年金だけでは足りないという話だけでなく公的年金の給付水準が低下するという話も伝わってきたようですが、政府側でこんなことを提示するのであれば、公的年金の保険料を納めないぞという国民側の声が発せられるのではと思ってしまいました。

あとは、憲法25条のことですね。

憲法25条はプログラム規定だという話もありましたが、老後の資金を自分で何とかしろという内容を政府側が提示するのであれば、憲法25条の存在は疑われてしまいませんかね。

憲法改正に熱心な現政権ですが、憲法25条はどうするのでしょうか?

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

CASIO(カシオ) Privia 電子ピアノ PX-S1000

CASIO(カシオ)が数か月前に新しい電子ピアノ(PX-S1000)を発売したこと知っていたのですが、実物を確認する機会がありませんでした。
(CASIO(カシオ)の製品だから、家電量販店に並ぶと考えていたのですが、発表後に何度か足を運んでも置いてなくて、見ることすらできませんでした。)

昨日、Privia PX-S1000BKをようやく見て、しかも触ることができました。そこで、Privia PX-S1000について、いろいろ書いてみます。
(ただし、低い棚に斜めにおかれている感じ(というよりも引っ掛けてある感じといったほうが適切かも)だったので、ちゃんとした高さと向きで置かれていたなら、以下の印象は変わるかもしれませんので、読んだ方はこの点をご了承ください。)

知っていたことですが、サイズが小さくなりました。高さと奥行きが小さくなったのですが、奥行きは一目でそれを実感できました。

奥行きが小さくなるということは、鍵盤の全長が短くなるということですが、そのデメリットはどうなんだろうと思っていました。
(鍵盤は目に見えている部分は規格があるので、どれも同じはずですが、弾いている人の前側の隠れている部分が短くなっていると推測していました。)

鍵盤が短くなると、鍵盤の根元(奥のほう)を押さえるときに、とても力が必要になるのです。
(てこの原理と同様です。)

黒鍵と白鍵を一緒に弾く(和音が一番わかりやすいでしょうか。)ような場合に、どうしても鍵盤の根元(奥のほう)を押さえる必要が生じますが、力の入れ具合をコントロールするのが結構大変になるのです。

昨日私が弾いて確認した限りでは、そのデメリットは小さく感じました。
(これは良いことでしょう。)

PX-S1000の旧(前)モデルはPX-160になるはずですが、 PX-160BKよりも鍵盤の根元(奥のほう)を押さえるときのデメリットは小さいと思いました。
(Privia PX-160も、旧(前)モデルのPX-150よりも改善しているという印象でしたから、良い傾向ですね。)

ただし、PX-160は3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤IIで、PX-S1000はスマートスケーリングハンマーアクション鍵盤であり、異なる鍵盤の形式・構造であるようです。

3センサースケーリングハンマーアクション鍵盤IIは優れた同音連打の演奏性が売りでしたが、私は鍵盤を強く押さないと弾ける状態まで速く戻ってこないという印象だったので、弾きやすいとは思っていませんでした。

スマートスケーリングハンマーアクション鍵盤は、CASIO(カシオ)のWebサイトでも構造の詳細は書かれていません。私の印象では、電子的な仕組みで同音連打の演奏性を確保しているのかなと感じましたが、より自然な力の入れ具合で弾くことができましたから、良いと思います。

コンパクトな電子ピアノは、部屋数や部屋の大きさなどの自宅の条件から、選ばれる方もいらっしゃると思いますが、長い期間使うことを考えると性能のことも考える必要があるでしょう。

PX-S1000は選択肢の一つになると思いますから、どこかで試しに弾いてくださいね。
(比較対象は、ヤマハ(YAMAHA)のP-125、KORG(コルグ) のB1になるでしょうか。)

(値段はネット通販が安いでしょう。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

自動車の運転でせっかちな人

最近は自動車の事故に関する報道が多いですが、高齢者の運転操作以外で私がここ数年感じていることを書きます。

それは、自動車の運転でせっかちな人が多くなっているのでは、ということです。

必要ではない急発進や急加速が多くなっていると感じます。

幅が広くて制限速度が大きい道ではなく、住宅の並んだ細い生活道路でたくさん遭遇するのです。
(自分が自動車を運転しいるときもありますし、歩行者であるときもあります。)

その勢いは、何でそんなにスピード出すの?って、言いたくなるぐらいです。

また、近年はあおり運転という言葉が一般的になりましたが、車間距離を小さくしている人も、多くなっているような気がしますが、これもせっかちな人が原因・理由ではないかと思うのですが。
(車間距離の小さい人が増えたことで、細い生活道路から信号機のない交差点で、主要な道路に出ようとしたときに、なかなか出られないよ!譲ってもくれないし。)

急発進と急加速ができないと安全上の問題が生じるかもしれませんが、急発進と急加速ができないことによる安全というメリットがあり、そのメリットのほうが大きいと思えますが、皆さんはどのようにお考えでしょうか?
(自動運転車が普及したら、急発進と急加速はなくなるのでしょうか?でも、せっかちな人は至極不満かも。)

周りのことを考えてゆっくり走ってくれたら、事故は少なくなりませんかね?
(せっかちな人は、ゆっくり走ることが不満ですか?)

ところで、急いでいるから、急発進や急加速をするんだ、というのは正当な理由ではないと考えます。
(だって、自分優先で、周りの安全のことを軽視していることになるからです。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

人それぞれの充実で

大型連休の準備を行った方は多いと思います。

準備といっても、純粋に旅行や行楽などを含めて遊ぶ・休む予定がある方がいらっしゃる一方で、仕事や勉強で関係ないという方もいらっしゃると思います。

さらに、遊ぶ・休む予定の方でも、連休により仕事や作業がたまって大変だという方がいらっしゃると思います。

すると、毎日が同じほうが楽なのかとか、心身によいのはどちらだとか、健康と休息や規則性といったことを考えたりもしますよね。
(個人的には、少し暇なぐらいの仕事の量というのが、よいと思います。)

さて、準備の話に戻しますと、仕事で小銭を必要とされる方は、あらかじめの準備量が膨大になっているのではと思います。
(そのようなことを考えると、電子決済というのは楽なのかもしれませんが、初期準備は負担でしょうね。)

休みが続く方であれば、時間のかかる作業をするのもよいと思います。
(準備から始めても、時間がありますから。)

いずれにしても、けがをせず、事故に遭わず、充実した時間を過ごしたいですね。
(もちろん、人それぞれの充実でよいのです。)

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

昭和が遠くになっていくのだなぁ

元号が代わるということで、土曜日・日曜日は、昔の歌謡曲に関するテレビ番組が放送されていました。

平成の歌謡曲だけということではなく、昭和の歌謡曲も紹介されていましたが、平成だけでは番組の成立は無理だったのかなとも思いました。
(昭和の歌番組はライブ感があり、一方、平成は最近になればなるほど、・・・。歌も演奏もすべて生、つまり人間が実際に行っているというのは、最近はないということでしょうか。)

昨日の放送では少しだけですが、岡田有希子さんの映像もありました。
(先日のNHKの竹内まりやさんの特別番組でも、映像があったようですが、見逃しました。)

令和になってからは、昭和で取り上げられる歌謡曲は、相当なヒット曲だけになっていくでしょうから、有希子ちゃんの歌唱を見る機会がなくなるかもしれませんね。
(昭和が本当に遠くになっていくのだなぁと思います。)

東京の四谷の大木戸ビル前の毎年の集まりは、ネット上で今年から行わないという内容を見ましたが、今年はどうだったのでしょうか。

これからも、あなたのことを、大切に思い続けます。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

私製の離婚協議書も作ります

離婚をするなら、しっかり取り決めをしましょう。

取り決めができたのであれば、その内容を書面にしましょう。

取り決めを書面にするときには、公正証書を用いましょう。

上記のようなことは今までも、再三述べておりますが、理由があって公正証書にすることはできないという方がいらっしゃいますよね。

であれば、普通の紙に書く離婚協議書(これを私製の離婚協議書といいます。)を作りましょう。

行政書士今井和寿事務所では、普通の紙に書く私製の離婚協議書も作りますので、ご用命をお願いします。
(料金は安くなるように頑張りますので、ご相談ください。)

離婚協議書作成センター

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

離婚届と元号

先日、婚姻届を新しい元号になってから提出したいと考えておられる方が多い、との新聞記事を見ましたが、離婚届はいかがでしょうか?

離婚届と元号の関係についての新聞記事を、私は見ていません(知りません)が、踏ん切り、動機付けという意味では、少なからず影響があるのではと思いました。

さて、平成のうちに離婚を完了される方で、離婚協議書をきちんと作ろうとお考えの方は、時間が少なくなっていることをお伝えします。
(新しい元号になってから、揉めるような文面には、したくありませんよね。)

いろいろ考えた上で、トラブルを防ぐために合意することが、離婚協議書を作る意義なのですから、充分に時間をかけましょう。

行政書士今井和寿事務所は、離婚協議書作成のお手伝いをしておりますので、ご利用ください。

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自筆証書遺言の方式緩和

民法の改正により、自筆証書遺言の方式緩和といわれるものが、平成31年(2019年)1月13日から始まっています。

自筆ではない財産目録を添付して、自筆証書遺言を作成できるようになったのです。

具体的には、自筆で書いた遺言書とは別に、別紙で財産目録を作るということです。

別紙の財産目録は、パソコンで作成することができて、通帳や登記事項証明書の添付も可能となりました。
(ただし、財産目録にはすべてのページに、署名と押印が必要です。)

なお、民法の改正による遺言制度の変更は、今後も続きますので、ご注意ください。

遺言作成センター

人気ブログランキングに参加しております。下のリンクをクリックしていただけると幸いです。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«もうそろそろ主体的に